So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

株主総会で承認された利益相反取引の議事録記名者 [商業登記]

利益相反取引を承認した株主総会議事録に作成者として記名押印する者は、当該会社を代表する者、例えば、代表権のある取締役や清算人などが挙げられます。この者が押印する印は、登記所に届出をしている印(会社の実印)であり、登記の申請手続きでは、会社の印鑑証明書を添付する必要があります(令19条ⅠⅡ)。
なお、旧商法時代と異なり、株主総会議事録に、議事録作成者以外の出席取締役や監査役についての記名押印は不要で、印鑑証明書の提出も必要ありません。

残余財産の分配 [さ行]

会社財産の清算により残った積極財産(純財産)を株主や社員に分配することです。

清算により会社財産の換価処分などによって債権者に弁済を完了して、なお残余があれば、これは出資者に分配すべきものであって、残余財産分配請求権は,剰余金配当請求権とともに株主・社員の基本的権利であります。

残余財産の分配基準は、清算株式会社では株主の保有株式数に応じて分配し、清算持分会社では定款に別段の定めがないときは出資額に応じて分配します。

なお清算持分会社では、債務を完済するのに現存財産で不十分なとき、社員に追加出資させることができます。

召喚 [さ行]

被告人または証人などに対し、裁判所その他の一定の場所に呼び出す強制処分の一つであり、召喚状により、裁判所が行うのが原則です。

急を要するときその他の場合には、裁判長・裁判官が行うこともあります。

召喚に応じないと、勾引され、証人の場合には過科、刑罰などの制裁が加えられることもあります。

なお控訴審で行われる召喚は、強制処分ではないです。

こんな日もあるよね。 [プライベート]

ついてない(`・ω・´)

そんな日もありますね。

とうとう、私が行くホークス応援ツアーの連勝記録もストップしちゃったんですよねー(u_u)

毎年8月に行っていたツアーを6月にしちゃったせいかなー。

ホークスが負けたこともあるんですけど、この日はいろいろトラブルがあって、あーって感じです。

1つ目、ホークスの傘を買おうと思ってみたら傘が完売。

2つ目、そーゆー時に限って土砂降りでずぶ濡れ。

3つ目、気を取り直して傘を買ったら滑って店内でこける。

4つ目、靴もずぶ濡れだったのでサンダルを買おうとしたら、なかなか見つからない。

なんか今日は厄日だなぁと思いながら中洲の屋台に行く。

5つ目、去年行ったばーちゃんの屋台がない。

他の屋台も美味しかったんですけど、去年のばあちゃんのインパクトが強すぎてちょっと残念。

6つ目、極めつけは、ラウンジのお姉さんの愛想が全くなくて全く盛り上がりませんでした。

7つ目、一緒に行ったS君はというと、全てが良かったみたいでご満悦の顔でした。

なんかあの顔見てたらイラついたなぁ。

まぁ喜んでくれたからよかったけど。

まぁ〜年に一度はこんな日もありますよね。

ちっシーズン中にもう一度リベンジしてやるぜ。

ぷんぷん|( ̄3 ̄)|


今年も行ってきます。 [プライベート]

いざ~ゆけ~無敵の~若鷹軍団~~

ということで、毎年恒例のソフトバンクを応援しに行くぞツアーに行ってきます。

ふっふっふっふっ

今年はどんなハプニングがあるかな?

去年は、一緒に行ったS君がヤフオクドームなのに、「先生、日焼け止めを持ってきました。」と訳の分からないこと言って(笑)沸かしてくれたな。

S君、ヤフオクドームが屋内ということを知らなかったし、野球を一切知らずにノリでついてきやがったもんだから、一々野球の解説をして観戦したよな。

解説するのが面倒くさかったけど、一々聞いてきたからね。( `ー´)ノ

しょうがない。(´・ω・`)

まぁ~~~野球に興味が無くてノリでついてきたのは感心したけど(*^-^*)

夜は夜で、中洲の屋台を梯子するつもりが一件目の屋台が美味すぎて2時間くらい飲みまくったな。

屋台のあのばーちゃんの味が忘れられない。

今夜もあのばーちゃんの屋台に行こう。

その後は、綺麗なお姉さま達のいるお城へレッツラゴーだな。

今年もむしり取られてしまうだろうな。

はっはっはっはっ(◎_◎;)

あぁ~~~今から楽しみ。

んじゃ、今年もS君とソフトバンクを応援しに行ってきます。(*^-^*)


今日のじじ
IMG_0053.JPG

なんか可愛く撮れた====(*´ω`*)

まぁーいつも可愛いんだけどね(*^-^*)

民法第266条 地代 [民法251条~300条]

民法第266条 地代

第274条から第276条までの規定は、地上権者が土地の所有者に定期の地代を支払わなければならない場合について準用する。
地代については、前項に規定するもののほか、その性質に反しない限り、賃貸借に関する規定を準用する。


解説
地上権は地代の支払いを要素としない点で永小作権(270条)、賃借権(601条)と異なる。
しかし、多くの場合、地上権者は定期的に土地所有者に対して地代を支払うことから、定期地代について、永小作権における小作料と賃借権における賃料についての規定を準用するものとした。

清算人に関する罰則 [さ行]

清算人の罰則は2種類に区別されます。

1つは刑罰(懲役・罰金・没収)を科せられる刑罰です。

それは、①会社に対する背任で、自分や第3者に利しようとしたり、会社に損害をかけようとして、自分の任務に背いて損害をかけると10年以下の懲役か1000万円以下の罰金刑で、刑法の背任罪より重い特別背任罪です。

②収賄および贈賄で、いわゆる職務に関する汚職の場合は収賄者につき5年以下の懲役か500万円以下の罰金(贈賄者につき3年以下の懲役か300万以下の罰金)で、その他の場合は5年以下の懲役か500万円以下の罰金です。

他の罰則は過料に処せられる場合で、976条に違反行為を規定しますが、これは会社の組織や運営についての規定を守らせるための規定で、100万円以下の過料の制裁を加えています。

遺言書検認調書 [遺言]

こんにちは、ちょこじぃです。

昨日、遺言書検認調書を持ってこられた登記相談者がいました。

ん?

原本はないの?

と聞くと・・・・

検認手続きを経た遺言書の原本がない。

これで登記できないかという相談。

原本がないと基本駄目なのではと思いながら登記研究を調べる。

すると、

【平成7年6月1日民三3102号先例要旨】
裁判所から遺言執行者として選任された当時検認済遺言書を紛失等しているときは、家庭裁判所の遺言検認調書の謄本を遺言執行者の資格を証する書面として取り扱って差し支えない。


とあった。

また、

「検認調書の謄本を遺言執行者の資格を証する書面とすることの可否」
(登記研究578P125)

「自筆証書遺言の原本に代えて、この検認調書の謄本を添付する等の補正の機会を与えて、自筆証書遺言の真正について、形式的審査を行い、登記の受否を判断することができる」
(登記研究585P137)

ふ~~ん

登記できそうやね。

取りあえず、今日申請してみよう。

このような申請をしたことがないからちょっとドキドキだな(´・ω・`)

船舶債権者 [さ行]

船舶、その属具、未収運送賃等いわゆる海産に対する特殊な先取特権を有する特定の債権者です(なお、これに船舶抵当権者を含める説もあります)。

船舶が航海を継続するためには、必要な物資を購入したり、水先案内人や船員を雇い入れたり、または海難に遭遇した場合に救助を受けなければなりません。

しかも、その費用を直ちに支払えない場合にも相手方が安心して物資や労力を提供できるように、確実な担保を与えなければなりません。

そのために認められているのが船舶先取特権の制度です。

商法は、一定の債権について特にこのような先取特権を規定しています。

船舶取得特権は、その目的物について競売権および優先弁済権を有し、先取特権が競合する場合の優先権の順位は原則として842条に掲げた順位により、民法上の先取特権、船舶抵当権に対しても優先します。

蜂と会話した気がした。 [プライベート]

こんにちは、ちょこじぃです。

昨日は、某金融機関のゴルフコンペに行ってきました。

そこで、ちょっとした事件が・・・・・・・

前半の最終ホールで同伴した人のボールが木の根元に・・・・

無くなる場所でもないがボールが見つからない。

近くで見ていた私も一緒に探すが見つからない。

この木だったよなとよく木の根元をみるとちょっとした穴が・・・・

ここに落ちたのかなとクラブを突っ込んだところ・・・


ブン(# ゚Д゚)と


親指よりも大きな蜂が飛び出してきた。

反射的に逃げ出す私。

土手を一目散に駆け下りたが蜂は早い。

羽音が右後ろで大きく聞こえ刺されると誰もが思った瞬間。

右肩からひっこけて一回転半。

蜂が私の右肩から右耳を通り過ぎる。


すぐさま立ち上がり、第二攻撃に備えようと身構えたとき蜂は何処かに飛んでいく。

ふ~~~(´・ω・`)

助かった。

運が良かった。

大袈裟だけど死ぬかと思った。

よくあそこで上手いことコケたよな。

あそこでコケていなかったらと思うとゾッとするよ(*´ω`*)

でも、蜂が出てきた瞬間、蜂と目が合った気がしたのよね。

犯人はこいつかぁ~~~~という目を蜂がしていたのは気のせいでしょうか?

蜂も最初に見た人間を敵とみなして追っかけてきただけなんでしょうけど、あの刹那の瞬間ともでいうんでしょうか、確実に蜂が「 お前か (# ゚Д゚)  なにしとんじゃ、われ (# ゚Д゚)  殺すぞボケ (# ゚Д゚) 」と言っていたような気がする。

私も「僕じゃないよ(確実に私なんだけど)」と蜂に念で言い放ってた。

それぐらいその瞬間、蜂との攻防があったのよね。(´・ω・`)

ほんと蜂と目が合うなんて・・・

今考えてもゾッとします。

もし、1匹だけじゃなく、何匹か飛び出していたら確実に刺されたいたでしょうね。

本当に運が良かった。

もう、木の根をほじほじするのはやめよう。

皆さんも木の根には気を付けましょうね。
前の10件 | -
Copyright © 法律相談 ちょこじぃ~の法律相談日誌 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
日払いバイト