So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

訴訟担当 [さ行]

訴訟物たる権利関係の主体に代わり、またはこれと並んで第三者がその訴訟物について当事者適格を持つ場合を第三者の訴訟担当といいます。


第三者の訴訟担当は、法律の規定により第三者が当然に訴訟追行権を持つ場合(法定訴訟担当)と、本人の授権により訴訟追行権を取得する場合(任意的訴訟担当)とに区別されます。


法定訴訟担当には、更に、その第三者が自分の利益のために訴訟物たる権利関係について管理処分権を認められ、それに基づいて訴訟担当が許される場合と、他人の権利関係を保護すべき一般的な職務があるがゆえに訴訟追行権が認められる場合があります。


当事者適格固有の問題は、第三者の訴訟担当の場合に集中するといえ、特に任意的訴訟担当については、弁護士代理の原則との関係でその許容範囲が問題となります。
nice!(0)  コメント(0) 

怒れるじじぃに何を言っても無駄です。だから大人しく嵐が過ぎ去るのを待ちましょう。 [業務日誌]

目の前で、メチャクチャ怒られている人がいる。

それも理不尽な理由で・・・

うわ~~~可哀想。

でも、怒っているほうもミスがあったと思うが・・・

怒られている人は振り込みするときに、あんたに確認していたけどね。

怒りが頂点に達しているのか机を何度もバンバン叩く、90オーバーのお爺さん。

そんなに怒ってたら血圧が上がるよ。

突然死するかもよ。

と、言いたかったが口を挟むと、こちらも、とばっちりをくいそうだったので買主ともども仲介人が怒られているのをじーと見ていた。

そう、嵐が過ぎ去るのを待つように。

でも、そこまで怒る必要があるのかな?

結構長い時間激しく怒ってるから、仲介人がうつ向いて、今にも泣きそうに・・・・・・・




なってないか(´・ω・`)



お爺ちゃん、さっきまで嫌味を軽く言う穏やかなじじぃだったが、ストレスでもあるのかな?

途中、謝れと何度も強要して謝らせてイタガ・・・

「俺が謝れと言ってやっと謝るなんて、人として馬鹿だ、アホだ、くそだ」と罵っていた。

でもね、強要される前から何度も謝っていたよ、この人。

ここまで興奮していると、どっちに転んでも怒られる運命なのね。

ご愁傷様です。

取引が始まる前は仲介人さんの車をべた褒めしていたのに最後は、「橙の高級車を乗り回しているあたりから、お前は駄目なやつだと思っていた」とも言ってたな。

ん?

橙色の高級車?

あれ高級車だったっけ?

確か、中古のジムニーで20万くらいで買ったやつじゃなかったっけ?

あれを高級車と呼びますか。

ほんと興奮してるのね。


触らぬ神に祟りなしだな。

ごめんね。

私は颯爽と帰らせてもらうよ。

ごめんね。

そういう日もあるよ、大ちゃん、ほんとご愁傷様でした。


タグ:振込 怒る 強要
nice!(0)  コメント(0) 

民法第339条 登記をした不動産保存又は不動産工事の先取特権 [民法301条~350条]

民法第339条 登記をした不動産保存又は不動産工事の先取特権

前二条の規定に従って登記をした先取特権は、抵当権に先立って行使することができる。


解説
登記された不動産保存の先取特権・不動産工事の先取特権と、登記された抵当権・不動産質権の優劣関係は、登記の先後ではなく、不動産保存の先取特権・不動産工事の先取特権が優先する。

不動産の先取特権と抵当権、質権、一般の先取特権との優劣は、次のようになる。
1.  登記された不動産保存の先取特権
2.  登記された不動産工事の先取特権
3.  登記された不動産売買の先取特権・抵当権・質権・一般の先取特権(これらの優劣は登記の前後による)
nice!(0)  コメント(0) 

外国法人の登記申請 [登記研究]

●外国法人が申請人の場合、外国公証人が作成した資格証明書は作成後3か月以内に限らないので、受理される。(昭和37.11.27民事甲第3429号参照)

日本で登記されていない外国会社の代表者の資格証明書・署名証明書とは、外国会社の代表者の資格証明書・署名証明書としては、外国会社の本国の管轄官庁、または日本における領事その他の権限ある機関によって会社証明書、代表者証明書、代表者の委任状について、認証されていることが必要です。それが添付される訳文の内容と照らし合わせて、登記官に判断できればよいことになります。
nice!(1)  コメント(0) 

署名証明書の有効期限 [登記研究]

●登記義務者の印鑑証明書に代えて、登記申請書に添付する在外邦人(外国人)の署名証明書は、作成後3か月以内のものに限るとの不動産登記法施行細則第44条の規定は適用されない。(昭和48.11.17民事三第8525号参照)

●登記義務者が在外邦人の場合、印鑑証明書も取り扱う現地の日本の総領事発行の印鑑証明書の有効期限は、3か月である。署名証明書は不動産登記法施行細則第44条の規定による有効期限の適用はない。(昭和48.11.17民事三第8525号参照)
備考 例として中華人民共和国内の日本領事館などでは、署名証明書、印鑑証明書を取り扱っている。
nice!(0)  コメント(0) 

民法第338条 不動産工事の先取特権の登記 [民法301条~350条]

民法第338条 不動産工事の先取特権の登記

不動産の工事の先取特権の効力を保存するためには、工事を始める前にその費用の予算額を登記しなければならない。この場合において、工事の費用が予算額を超えるときは、先取特権は、その超過額については存在しない。

工事によって生じた不動産の増価額は、配当加入の時に、裁判所が選任した鑑定人に評価させなければならない。



解説
工事を始める前にその費用の予算額を登記しなければならない。
実際の工事費用が予算額を超過していても、その超過額については先取特権を行うことができない。
nice!(0)  コメント(0) 

念書男再び [業務日誌]

依頼者Kから「抵当権抹消が終わってないじゃないか」と電話がくる。

????

依頼された物件の抵当権抹消は終わっているのに何を言ってるの?

Kさんから依頼された抵当権抹消の物権は二筆だけだったことを伝えると・・・

それは分かっているとのことだった。

すると違う所有者の物権に同じ抵当権があったのも抹消してほしかったと言われたが・・・

受託した際、共同担保目録で抵当権を確認したとき、Kさんは自分のだけでいいと言ってたのに

なんか意味を取り違えていたらしいが、その違う物権の所有者からの依頼がないと勝手に訴訟も抵当権抹消も出来ないことを伝えると・・・

それもわかっているとの事だった。

何が言いたいの?

するとKさんから念書男の物権もしてほしかったと言われる。

う~~~~ん、あの念書男ね。

でも、あの念書男、Kさんの抵当権抹消の事だけ聞いてすぐ帰っていったし、違う物権の所有者は別の名前で念書男の名義ではなかったし・・・

Kさんには、なぜ、しなかったのかではなく、所有者からの依頼がないと出来ないことを何度も丁寧に説明した。

すると、それも理解していたうえでの電話だった。

あのね、自分の説明不足を私のせいにしないでよ。

こちとら依頼された内容をきちんとこなしているのに。

でも、昨日の話を総合すると、念書男はKさんに全額費用を出させて自分は費用を浮かそうという魂胆が見え見えだったな。

嫌だなそういう考え。

取りあえず、実費でするからその所有者を連れてきてと伝えたら・・・

電話ですませる訳にはいかないかと言われたので軽くお断りをした。

だって、本人確認が必須なのに勝手に出来ないでしょ

すると所有者の子供ではどうかと言われたが・・・

それも、お断りした。


なんか会わせたくない感じがひしひしと伝わってきたな。

簡単に考えているみたいだが本人確認から始めないと司法書士ってなにも出来ないのよね。


良かれと思って、受託する人も昔はいたがそれで訴えられたケースをみてるからね。

確かに本人確認から始めないといけないのは受託しづらいが、それでも法律順守しないとね。

何度もお断りしたら月曜日に連れてきてくれることになった。

無駄なやり取りにならずにすんでよかったが、多分、あの念書男も来るんだろうな。

面倒くさいな。

受任の際、また念書と言うだろうな。

その時は、全力でお断りをしようと思う。


nice!(0)  コメント(0) 

相続人の一人が外国に住所を置いている場合 [相続]

日本国籍の方が亡くなられた場合、相続人が海外に住んでいても、日本の法律に従って、日本の法務局に相続登記の申請を行います。

相続人の一人が海外に在住の場合、海外には台湾・韓国を除いて印鑑証明書及び住民票の制度がありません。

そこで、印鑑証明書の代わりに、在外公館(日本領事館)へ出向いて遺産分割協議書に弟様ご本人が署名した旨の証明(サイン証明)を取得する必要があります。

尚、日本に一時帰国中であれば、日本の公証人から同様のサイン証明を受けることも可能です。
nice!(1)  コメント(0) 

コーヒーにピノを入れてみた。 [プライベート]

こんにちは、ちょこじぃです。

私、毎朝バリスタでコーヒーを飲んでるんですけど、ちょっと飽きてきたから、こんなことやってみました。

IMG_1686.jpg

コーヒーにピノ(赤・バニラ)を投入。

IMG_1689.JPG


IMG_1693.jpg

ピノが軽く溶けるまで、しばし待つ。

飲んでみた。

う~~~~ん

平凡な味だが、ちょっと濃厚なコーヒーを出す喫茶店の味に近い。

俺基準だが・・・


次の日、青のピノ(チョコ)を入れてみた。

ただ単に、濃ゆくなった感じだったな。

あまり美味しくない。



その次の次の日、橙色のピノ(アーモンド)を入れてみた。

うん(*^-^*)

これだね。

赤、青よりも断然うまかった。

香りがよく、深みがあるといった感じだった。


いわゆる安上がりなウインナーコーヒーな感じかな?

自宅のコーヒーに飽きた人は試してみてよ。

なんとも言えない感じになるから(´・ω・`)






nice!(0)  コメント(0) 

理不尽なクレーム [業務日誌]

こんにちは、ちょこじぃです。

事務所に戻ると、嫁さんが激怒していた。

恐る恐る、どうしたの?と聞くと

依頼人からクレームの電話があったらしい。

1月に相続登記を頼んだのにまだ終わっていないのかというクレームだった。

それはいけませんね。

と言いたいところだが・・・

相続人全員の遺産分割協議証明書&印鑑証明書をそのクレーマーが持ってきてくれないから相続登記ができないのよね。

その事を嫁が説明すると・・・

その依頼人さん曰く、「なぜ催促の電話をしてくれないのか」と逆切れされた。

う~~~ん、催促の電話ですか?

でもね、遺産分割協議証明書を渡したときに書類が全部そろったら持ってきてねと言ったのにな。

そのことは依頼人も承知していたみたいだけど・・・

そんな理不尽なクレームを言われたら私だって怒るよね。

そんなクレームを怖い嫁が受けたから、私に八つ当たりがくるじゃない。

実際、受けたけど・・・(笑)


その日のうちにクレーマーさんが書類を全部持ってきたので私が対応した際「催促すればよかったですね」とニコニコしながら言ってやった。

依頼人さん、苦笑いしていた。

そりゃそうだわね。

ほんと理不尽なクレームだったな。

結構、笑えたけどね(´・ω・`)


nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -
Copyright © 法律相談 ちょこじぃ~の法律相談日誌 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
日払いバイト