So-net無料ブログ作成

民法第265条 地上権の内容 [民法251条~300条]






民法第265条 地上権の内容
地上権者は、他人の土地において工作物又は竹木を所有するため、その土地を使用する権利を有する。


解説
地上権は「工作物又は竹木を所有」するためでないと設定できません。

地上権の効力
(a) 地上権者 設定契約で定めた目的の範囲内で土地を使用できる。
(b) 土地所有者 自らは使用できず、他人に使用させることもできない。

特約により地上権の処分を禁止することができるが、この特約を登記する方法はないので、第三者に対抗できない(特約は当事者間において債権的な効力しかない)。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 法律相談 ちょこじぃ~の法律相談日誌 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
日払いバイト