So-net無料ブログ作成

相続権 [さ行]






民法には「相続権」という言葉がところどころに出てくるが正確にいえば、この言葉には二通りの意味があります。

その第一は、将来被相続人が死亡したときにその遺産を承継できるであろうという、希望的地位であり、その第二は、相続の開始した後で、その相続による効果を受ける権利であり、確定した地位です。

第一の意味の相続権も、単なる希望的地位ではなく、やはり一種の期待権とみるのが多数の学説および判例です。

この見解では、例えば、遺留分を有する推定相続人(将来相続人となれるはずの妻や子など)にわざと遺産をやらなくするために、第三者と通謀して生前に遺産を処分する仮装売買をしたときには、相続権に基づいて、その仮装売買の無効を主張し、登記名義の回復を求めることができることになります。

また第二の意味の相続権は既に現実化しているのだから、もし相続財産を侵害する者がいれば、その相続権に基づいて侵害排除の請求をすることができます(相続回復請求権)。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 法律相談 ちょこじぃ~の法律相談日誌 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
日払いバイト