So-net無料ブログ作成
検索選択
契約書 ブログトップ

債務承認並びに債務弁済契約書 [契約書]

債務承認並びに債務弁済契約書


債権者 A(以下、「甲」という。)と債務者 B(以下、「乙」という。)は、本日、次の通り債務の承認並びに債務弁済契約を締結した。

第1条  乙は、甲に対し、平成○○年○○月○○日付金銭消費貸借契約に基づく借受金債務として、本日現在、元金○○○○円、未払利息金○○○○円及び元金○○円に対する平成○○年○○月○○日から支払済まで年○○%の割合による遅延損害金の支払債務があることを承認する。

第2条  乙は、甲に対し、前項の債務を次の通り分割して甲方に持参又は送金して支払う。

(1)元金 平成○○年○○月から平成○○年○○月まで毎月○○日限り 金○○○○円
(2)利息 平成○○年○○月○○日限り金○○○○円
(3)遅延損害金 平成○○年○○月○○日限りそれまでに発生した遅延損害金


第3条  乙が前条(1)の金員の支払を怠ったときは、乙は当然に期限の利益を失い、乙は甲に対し、第1条の合計金員から前条の既払金を控除した残額を直ちに支払う。

第4条  乙が、期限の利益を失うことなく第2条(1)の金員を支払ったときは、甲は乙に対し、同条(2)の利息及び(3)の遅延損害金の支払債務をすべて免除する。

第5条  甲乙は、平成○○年○○月○○日付金銭消費貸借契約に関し本契約書に定める以外に何らの債権債務のないことを確認する。

第6条  本契約に定めのない事項が生じたとき、又はこの契約条件の各条項の解釈につき疑義が生じたときは、甲乙誠意をもって協議の上解決するものとする。

 以上、本契約成立の証として、本書を二通作成し、甲乙は署名押印のうえ、それぞれ1通を保管する。

   平成○○年○○月○○日

                 債権者(甲) 住所  
                         氏名  A

                 債務者(乙) 住所  
                         氏名  B


金銭消費貸借契約書(連帯債務の場合) [契約書]

                 金銭消費貸借契約書
 

 A(以下、「甲」という。)、B(以下、「乙」という。)、C(以下、「丙」という。)は、次の通り金銭消費貸借契約を締結した。


第1条  貸主甲は、借主乙及び同丙に対し、金○○万円を次条以下の約定で貸付け、連帯借主乙及び同丙は、これを連帯して借受け、受領した。

第2条  借主乙及び同丙は、貸主甲に対し、連帯して前条の借入金○○万円を平成○○年○○月から平成○○年○○月まで毎月○○日限り金○○万円宛分割して、貸主甲方に持参して支払う。

第3条  利息は年○○%とし、借主乙及び同丙は、連帯して毎月○○日限り当月分を貸主甲方に持参して支払う。

第4条  期限後又は期限の利益を失ったときは、以後完済に至るまで、借主乙及び同丙は、貸主甲に対し、連帯して残元金に対する年○○%の割合による遅延損害金を支払う。

第5条  借主乙若しくは同丙について、次の事由の一つでも生じた場合には、貸主甲からの通知催告がなくても借主乙及び同丙は当然に期限の利益を失い、直ちに元利金を支払う。
① 第2条の分割金又は第3条の利息を、2回以上連続して期限に支払わないとき。
② 借主乙若しくは同丙が貸主甲に通知なくして住所を変更したとき。
 
第6条  本契約に定めのない事項が生じたとき、又はこの契約条件の各条項の解釈につき疑義が生じたときは、甲乙丙誠意をもって協議の上解決するものとする。

 以上、本契約成立の証として、本書を三通作成し、甲乙丙は署名押印のうえ、それぞれ1通を保管する。

   平成○○年○○月○○日

                  貸主(甲) 住所 
                         氏名  A

                  借主(乙) 住所  
                        氏名  B

                   借主(丙)  住所  
                        氏名  C

債務弁済契約書 [契約書]

債務弁済に関する法律相談を受けました。
書式を紹介します。また、インターネットでも無料の書式がありますよ。

債務弁済契約書の書式

債務者が借りたお金を返すとか、買掛金の返済を約束するなど、債務弁済を約束する契約書の書式です。
債務金額の確認と弁済の約束が基本になります。
必要に応じて、不払いの際の遅延損害金、保証人を追加すると良いでしょう。


                  債務弁済契約書

第1条 債務者 甲 は、債権者 乙 に対し、借入金の残金100万円の支払い義務があることを認める。

第2条 債務者は、上記債務の弁済として債権者に持参または送金して次の通り支払う。
   平成  年  月から平成  年  月まで毎月末日までに金  万円づつ分割にて支払う。

第3条 債務者が第2条の分割金の支払いを2回分以上怠った場合には、当然に期限の利益を失い、債務者は債権者に対してその時点での残金の合計金額にその時点から年 %の割合による遅延損害金を付加して、これを直ちに支払う。

第4条 債権者と債務者間には上記以外何らの債権・債務のないことを確認する。
 
第5条 連帯保証人は、本契約において債務者が負う一切の債務につき債務者と連帯して支払う。

第6条 本件契約から発生する一切の紛争の第一審の管轄裁判所を、債権者の住所地を管轄する地方裁判所とする。

本契約を証するためこの証書を作り各署名・押印し各その1通を保有する。

平成  年  月  日

     住所 
     氏名(債権者)    乙             印


     住所 
     氏名(債務者)    甲             印


     住所 
     氏名(連帯保証人)  丙             印


今日のじじ
DSC01140.JPG

契約書 ブログトップ
Copyright © 法律相談 ちょこじぃ~の法律相談日誌 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
日払いバイト