So-net無料ブログ作成
検索選択
民法251条~300条 ブログトップ
前の10件 | -

民法第278条 永小作権の存続期間 [民法251条~300条]

民法第278条 永小作権の存続期間

永小作権の存続期間は、20年以上50年以下とする。
設定行為で50年より長い期間を定めたときであっても、その期間は、50年とする。

永小作権の設定は、更新することができる。
ただし、その存続期間は、更新の時から50年を超えることができない。

設定行為で永小作権の存続期間を定めなかったときは、その期間は、別段の慣習がある場合を除き、30年とする。


解説
20年以上50年以下で定めることを要するので、超える時は50年に短縮されます。
また、20年未満では成立し得ない。その場合、賃借権となると解されます。

nice!(0)  コメント(0) 

民法第277条 永小作権に関する慣習 [民法251条~300条]

民法第277条 永小作権に関する慣習

第271条から前条までの規定と異なる慣習があるときは、その慣習に従う。


解説
慣習とは、規定されたあるいは一般に受け入れられたしきたり、規範、社会的規範です。
慣習がある場合、その慣習に従います。

nice!(0)  コメント(0) 

民法第276条 永小作権の消滅請求 [民法251条~300条]

民法第276条 永小作権の消滅請求

永小作人が引き続き二年以上小作料の支払を怠ったときは、土地の所有者は、永小作権の消滅を請求することができる。


解説
永小作権の消滅原因のうちの一つになります。
①用法違反による解除(541条)
②放棄(275条)
③消滅請求(276条)
④存続期間の満了(ただし、更新可能。278条2項)
nice!(0)  コメント(0) 

民法第275条 永小作権の放棄 [民法251条~300条]

民法第275条 永小作権の放棄

永小作人は、不可抗力によって、引き続き三年以上全く収益を得ず、又は五年以上小作料より少ない収益を得たときは、その権利を放棄することができる。


解説
永小作権の期間が長く、無駄に権利に縛られるのを防ぐために放棄できる条文です。
nice!(0)  コメント(0) 

民法第274条 小作料の減免 [民法251条~300条]

民法第274条 小作料の減免

永小作人は、不可抗力により収益について損失を受けたときであっても、小作料の免除又は減額を請求することができない。


解説
永小作権の小作料は「使用収益権能の対価」で、耕作・牧畜の収益が不可抗力で減少しても責任を負う理由はありません。

これに対し賃借権の賃料は「使用利益の対価」になるため、所有者は責任を負います。

民法274条は、賃貸借の規定中、609条を準用しないことを明らかにしたものになります。
nice!(1)  コメント(0) 

民法第273条 賃貸借に関する規定の準用 [民法251条~300条]

民法第273条 賃貸借に関する規定の準用

永小作人の義務については、この章の規定及び設定行為で定めるもののほか、その性質に反しない限り、賃貸借に関する規定を準用する。


解説

民法第272条 永小作権の譲渡又は土地の賃貸 [民法251条~300条]

民法第272条 永小作権の譲渡又は土地の賃貸
永小作人は、その権利を他人に譲り渡し、又はその権利の存続期間内において耕作若しくは牧畜のため土地を賃貸することができる。ただし、設定行為で禁じたときは、この限りでない。



解説
永小作権は譲渡、賃貸できるが、当事者間の合意で禁止することも出来る。
土地を賃貸しない旨の特約をする場合、その旨を登記すれば、第三者に対抗することができる(不登79条3号)。

民法第271条 永小作人による土地の変更の制限 [民法251条~300条]

民法第271条 永小作人による土地の変更の制限

永小作人は、土地に対して、回復することのできない損害を生ずべき変更を加えることができない。


解説
永小作権は小作料を支払って他人の土地を一定の目的に利用することができる権利なので、その土地に回復することのできない損害を生ずべき変更を加えることはできません。

民法第270条 永小作権の内容 [民法251条~300条]

民法第270条 永小作権の内容

永小作人は、小作料を支払って他人の土地において耕作又は牧畜をする権利を有する。


解説
地上権と異なり、小作料の支払いを要素とし(270条)最長期の定めもある(278条)。

地上権は,無償のものとして設定することができるのに対し(民法266条1項),永小作権〈×及び地役権〉は,無償のものとして設定することができない(民法270条)。

民法第269条 工作物等の収去等 [民法251条~300条]

民法第269条 工作物等の収去等

地上権者は、その権利が消滅した時に、土地を原状に復してその工作物及び竹木を収去することができる。ただし、土地の所有者が時価相当額を提供してこれを買い取る旨を通知したときは、地上権者は、正当な理由がなければ、これを拒むことができない。

前項の規定と異なる慣習があるときは、その慣習に従う。


解説
本条は、地上権者の収去権と地主(地上権設定者)の買取権を規定した条文です。
前の10件 | - 民法251条~300条 ブログトップ
Copyright © 法律相談 ちょこじぃ~の法律相談日誌 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
日払いバイト