So-net無料ブログ作成

包括遺贈と特定遺贈の債務負担の違い [遺言]






遺贈で財産を譲渡される場合、包括遺贈を受けた受遺者は、包括遺贈を受けた割合において、債務を負担します。

例えば、相続財産の2分の1の包括遺贈を受けた場合、相続財産に含まれる借金の2分の1も負担しなければなりません。

これに対して特定遺贈を受けた受遺者は、遺言者が債務を負担してくださいと意思表示していない限り、債務を負担することはありません。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 法律相談 ちょこじぃ~の法律相談日誌 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
日払いバイト