So-net無料ブログ作成

瑕疵ある意思表示 [か行]






民法は、詐欺・強迫による意思表示を瑕疵ある意思表示と呼び、意思の不存在と区別し、前者を取り消し得るものとし、後者を原則として無効としています。

その背景には、詐欺・強迫の場合は、意思が欠けているわけではなく、選択の幅(自由)が狭くなっているからだという考え方があります。

しかし、こうした思想は、次第に説得力を失い、次のように修正を余儀なくされつつあります。

詐欺・強迫による意思表示が取り消し得る理由は、意思の不自由だけでなく、アンフェアな手段のゆえに表意者が不利益を受けかねない(不公平な契約内容)からです。

意思無能力や錯誤が無効となる理由も、意思の不存在だけではなく、かかる表意者は不利益を受けかねないからであり、したがって、無効を主張し得るのは、取消しの場合と同様、意思無能力者なり錯誤による表意者、その代理人または承継人に限定すべきです。

これは無効の取消化であり、瑕疵ある意思表示と意思の不存在の融合化にほかならず、判例も要素の錯誤を瑕疵ある意思表示と呼ぶようになっています。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 法律相談 ちょこじぃ~の法律相談日誌 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
日払いバイト