So-net無料ブログ作成

余剰金の資本均等組み入れ [さ行]






会社は、剰余金の額を減少して、資本金に組入れることができます。

この場合においては、株主総会の決議で、①減少する剰余金の額(②の日における剰余金の額を超えてはならない)と、②資本金の額の増加がその効力を生ずる日を定めなければなりません。

また会社は、剰余金の額を減少して、準備金に組入れることもできます。

この場合においても同様に、株主総会の決議で、①減少する剰余金の額を減少して、準備金に組み入れることもできます。

この場合においても同様に、株主総会の決議で、①減少する剰余金の額(②の日における剰余金の額を超えてはなりません)と、②剰余金の額の増加がその効力を生ずる日を定めなければなりません。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 法律相談 ちょこじぃ~の法律相談日誌 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
日払いバイト