So-net無料ブログ作成

集合物 [さ行]






土地およびその定着物の集まりであるが経済的には1つの物として価値があり、取引上も一体として取り扱われる物です。

法律的には、所有権やその他の物権は、1つの物ごとに1つずつ認められ、多くの物の上に1つの物権が成立することは、原則として認められません。
 
しかし、それではある企業設備全部を取引したり担保にしたりするときに不便であり、またその企業の価値を全体として生かすことができなくなるので、次第に、集合物を1つの物として認めていこうとする傾向にあります。

工場や鉄道の設備一切を担保とする財団抵当の制度などはその例ですが、現在は更に、商号に対する権利とか取引関係に基づく無形の権利なども含めて、1個の企業全体を1つの物として取り扱おうという方向にむかっています。






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright © 法律相談 ちょこじぃ~の法律相談日誌 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
日払いバイト