So-net無料ブログ作成

抵当権の時効消滅の起算日 [抵当権抹消]






抵当権消滅の原因日は被担保債権の時効消滅日となります。
これは、被担保債権が消滅すれば附従性により抵当権も消滅するからです。

被担保債権の時効消滅日は次の通りです。

「消滅時効による抵当権の抹消登記の原因日付は、時効の完成した日ではなく、その起算日である(登記研究458号)」ということになります。

民法144条は、時効の効力は起算日に遡るとしているので、抵当権の抹消原因日も時効の起算日となるということです。

民法166条1項は、消滅時効は、権利を行使することができる時から進行すると規定しています。

貸金の弁済期日を定めたときに通常その日の午前0時に請求はできませんから民法140条の初日不算入により翌日から起算することになります。

以上により、被担保債権の時効消滅日は、「被担保債権の弁済期の翌日」となります。







nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright © 法律相談 ちょこじぃ~の法律相談日誌 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
日払いバイト